読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のあわ

日々の所感、思惑など。

青春18きっぷ*小田急線旅③-浜松~小田原

まずは浜松から静岡を目指します。


間、16駅もあるんです。
静岡は、ほぼ各停しかないとは聞いていたのですが、
こんな16駅分も、同じ電車の中にいたことないぞ・・・?と
この時点からすでに私の中は未知なる体験のはじまりとなります。


たぶん、地元やなじみのある駅だと、なんて長いんだと思うかもしれませんが、
今回の旅自体がほぼ「初」体験でしたので、終始、音楽を聴くこともなく、ただ感じる五感がすべて新鮮なものでした。
音・声(方言)・風景。(ニオイは…覚えてませんが…笑)


まず、ドアの開閉音が違う。
あ、私遠いとこまで来たんだなって改めて実感笑

あと、地元民。静岡に向かうにつれ、どんどん人が乗り込んできて、最終的には通勤電車のようにまんぱんになりました。(ちなみに3両編成のロングシート
自然と聞こえてくる方言。標準語に近いんだけど、どこかやっぱり違う。
短大時代、静岡生まれの友人がいたけど、その子がよく「~だから」を「~だもんで」と言っていた。
すると、やっぱ本場の地元民もよくその語尾を使っていて、あ、ほんまもんだなって。笑


  • 10:20 静岡到着。
  • 10:25 富士行きに乗り換え、出発。


この富士行き。間9駅ありますが、今回の旅路でもっとも快適なひと時でした(人´∀`).☆.。.:*・゚
なぜなら・・・

f:id:imy-1:20130406102711j:plain
がら空き!!!


このがら空き具合のわけは、なんと天敵であった雨のおかげなんです。

浜松では少し晴れてたんですが、やはりそう甘くはなく(笑)、富士駅に向かうにつれ雨足が強くなりだしました。そんなに大荒れにまではなりませんでしたけど、雨粒のせいで景色がまともに見れないなー、というかんじで。

そして私が乗ったのは、富士行きの1両目。
静岡→富士間は、1両目の電車が、駅の屋根から出ている状態だったんです。
そして、雨でしょ?
てことは・・・


みんな、わざわざ傘さしてまで1両目に乗ってこようとしない!!


てことで^^*
もちろん、一番前の端にすわり、ほぼ人がいないことをいいことに、前からも横からも後ろからも笑、思いっきりカメラ構えたりキョロキョロしたりと、ふんだんに静岡の東海道本線を味わらせてもらいました^^

f:id:imy-1:20130406103646j:plain

f:id:imy-1:20130406103634j:plain
指さし呼称する運転手さん

けど、この浜松から富士にわたって、えらい とばすなーと思って、メーター覗いてみたら、
雨の日でもおかまいなくふつうに100㎞/hとか出してました。
線路が直線が多いためでしょうか?
それか全て各停だから、スピードくらいは出してあげようという根端なのでしょうか?笑
それなら納得です笑。



f:id:imy-1:20130406110023j:plain
富士山も雪をかぶった頭の部分がほんの少し見えましたが、
写真ではほとんど雨粒で分からないですね・・・^^;
いつも富士山は昔家族で車でしか行ったことなかったので、
在来から見る富士山もまたとても新鮮でした。


  • 10:59 富士駅到着。
  • 11:01 沼津行きに乗換え、出発。
  • 11:20 沼津到着。(間5駅)
  • 11:23 熱海行きに乗換え、出発。


富士からは人も多く、駅もすぐに乗り換え乗り換えで、あまりゆっくりまったり出来る時間はありませんでした。
あの富士までのひと時がウソだったかのように・・・^^;
熱海行きに乗り換えた際、またまた一番前の車両に乗った(さすがに今回は一番前は埋まってましたが…)時に、
大人の男性3名ほどがその一番前の窓(特等席?)付近を各々うろうろしていたので、
あ、、、これは仲間ですか?と思って。笑
すると、一人の男の人が引っさげてた透明のビニール袋の中から時刻表が見えました。
確定です。これはおそらく私と同様の18きっぷ客だ!と。
この区間も、割と18きっぷ客(とあるサイトでは「18きっぷ者(もの)」という表現があったw)いるみたいですからね^^



そして・・・

  • 11:41 熱海到着。(間3駅)


つぎは・・・
やっと見えた・・・・


「東京」行き!!!
遠目からは見たことよくある、あの緑とオレンジの線、間にグリーン車の2階建て。


ついにこれを乗るときが来たか・・・と、このあたりから、私のテンションがズンズン上がり始めます。
「東京」という文字、アナウンスを聞けただけで、もうわくわくします。(^^)


熱海駅に着いたら、その東京行きは違うホームでしたので、乗り換えます。


あまりにも車両編成が長かったため、最初はどこでも、とにかくボックスの空いてるとこ!って思って小走りで席を探しましたが、
結局、やっぱり、ちょっと遠い1両目ががら空きで笑♪

そこでボックスシート、小田原まで独り占めできちゃいました(人´∀`).☆.。.:*・゚


そうです。熱海からはJR東海から東日本に変わります。
駅の路線図にも、聞いたことのある、乗ったことのある、知っている駅ばかり!!
やっと、辿り着いたんだな(*´∀`*)って、思いました。
そしてとても幸せな気分になりました。


少しだけ人がいたので恥ずかしかったですが、車内の大きい路線図も写メりましたもん♪
ぶれてしまったので、ここには載せませんが。。


そして一息ついたところで、大好きなJR東日本の電車の中で(しかもボックスシート貸切w)熱海のすばらしい海の風景(曇りが残念でしたが…)と共に、あの決死の思いで買った笑 うなぎ弁当を頂くという…最高のシチュエーションを実現することが出来ました。
f:id:imy-1:20130406114950j:plain
f:id:imy-1:20130406120754j:plain
浜松のうなぎは…とても美味しかったです(^^*)久しぶりにうなぎ、食べた気がする笑


そしてそして。
予定通り、めでたく、5駅を経て、12:11、最初の目的地 小田原駅に到着することが出来ました。
f:id:imy-1:20130406121659j:plain


f:id:imy-1:20130406121758j:plain
「小田原。どうも!はじめまして\(^o^)/」



いよいよ、、、憧れの小田急乗車。
④につづきます…



こうさ、旅路をつづっていくと、当時の情景が鮮明に思い浮かびますね。
そういう意味でも、こういう旅路をブログに残すって、思い出をそのままの温度で箱にしまうって感じで
やっぱりいいのかもしれませんね(^^)
時間はかかりますけどね・・・笑